レポート詳細

【レポート】2019.1.24 子育て情報発信!かんたん!小麦粉、卵、牛乳不使用ケーキを焼こう!

エンクロスキッチンスペースにて、0歳から2歳の子を育てる母親の会『すくすく』さん主催による「子育て情報発信!かんたん!小麦粉、卵、牛乳不使用ケーキを焼こう」が開催されました。

今回の講師である栄養士の大山陽子さんは、『すくすく』さんのメンバーで、得意なお菓子作りや料理でのイベントを開催されています。

このように『すくすく』さんではそれぞれのメンバーが得意とすることを活動のひとつとして情報交換されています。

 

 

まずは自己紹介

2組の親子を含め参加者同士が自己紹介。参加者の中にはお子様、ご自身ともにアレルギーをお持ちだからと参加されたママもいて、「とても興味のあるイベントです」とお話されていました。

 

 

いよいよ調理へ

まずはレシピの紹介から。

今回は「~小麦粉・卵・牛乳を使わない~リンゴとバナナのケーキ」です。

「身体に優しい食材を使ったお菓子なので、食材のアレルギーをお持ちの方や健康志向の方へなど、その方の目的で役立ててもらえたら」と説明されていました。

またレシピの中では、「作る前に下準備をしておくとスムーズ」など、調理過程のポイントも丁寧に説明頂きました。

食材によっては、入れる順番が大事なものがあります。

「一度に入れても大丈夫なもの」と「そうでないもの」がある事、食材のひとつであるココナッツオイルは、「低温で固まる性質があるため、冬場は湯煎して使用すると混ざりやすいですよ」と、ここでもポイントを細かく丁寧に。

また米粉、ココナッツシュガー、ココナッツオイルが購入できる延岡市内のお店も紹介されていらっしゃいました。

 

 

食材について

ケーキ生地を焼き上げている間に、使用した食材の説明に入られました。

まず小麦粉の代わりに米粉を、甘味にココナッツシュガーを、油はココナッツオイル、高たんぱく低カロリーの豆乳など、身体にやさしい食材を使用。

米粉、ココナッツシュガーは糖質の吸収がおだやかで血糖値の上昇がゆるやかである事、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸の一種で、油の中でも消化吸収が早く、速やかにエネルギーに変わる為、体脂肪に蓄積されにくいといった特徴があるそうです。

豆乳は女性の美容や骨粗しょう症予防改善に効果が期待できるなど細かく説明されたりと、栄養士さんならではの知識を織り交ぜながらお話されていました。

また、『すくすく』メンバーの堀内ちひろさんからりんごを1個まるごとオーブンで焼いた『焼きリンゴ』の紹介もありました。栄養価の高いりんごは、焼いて熱を加える事により更に栄養価がアップするそうです。

 

いよいよ試食

焼きあがったケーキをさっそく試食。身体にやさしい食材を使用しているので、アレルギーをお持ちのママも安心して食べられているご様子でした。

 

 

アレルギーと上手につきあうこと...

母乳育児をする母親やアレルギーがある方にとって、料理を通して簡単にアレルゲンを抜いたケーキ作りができることを知ることは、食生活を豊かにすると考えられているそうです。

今回のイベントでは、アレルギーをお持ちのお悩みママたちへのお役立ち情報を実際に体験できるいい機会になったのではないでしょうか。

次回の『すくすく』さん主催の子育て情報発信イベントは、2月15日(金)10時半から「乳幼児姿勢でママができること!」です。

「お子さんの向きグセが気になる」、「いい姿勢ってどうやってつくられるの?」、「今からできることはある?」など、こんな質問に姿勢の専門家がお答えします。

親子連れ大歓迎のイベントとなっておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

エンクロス 髙森